お電話でのご予約・お問い合わせ 047-711-7333
leaf

Hair design Porte - ブログ

オープニングキャンペーン実施中!! 詳細はこちら→

2012/08/18

違いは界面活性剤です。

美容室のシャンプー剤と市販品シャンプー剤の大きな違いは、

界面活性剤なんです。
\(^o^)/

界面活性剤とは‥

水と油はまざらないですよね。
でも、界面活性剤があれば混ぜる事ができます。

それは、界面活性剤はマッチ棒のような形をしていて、棒の部分が油とまざりやすく、丸い部分が水とまざる性質をもっていて、

汚れは油ですね。
頭皮の汚れも、油ですね。

油にマッチ棒の棒の部分がささり、水にまざるマッチ棒の丸い部分が、汚れを引っ張って、水と一緒に流してくれるんですね。

洗濯洗剤のCMなどで、そんなイメージ図をご覧になったこと、ありませんか?
(^◇^)

ほとんどの界面活性剤は、人の手が作っている合成ものです。

ただひとつ、天然ものがあります。

卵に入っている、レシチンという界面活性剤は天然ものです。

マヨネーズができますよね。
マヨネーズは、油と卵と酢でできていて、混ざり合っていますね。

卵に含まれるレシチンがないと、混ざり合わないのです。
o(^▽^)o

ただ、卵はシャンプー剤にはむいていないので‥
(;゜0゜)

合成の界面活性剤がつかわれています。
(((o(*゚▽゚*)o)))

と、いう事は、

オーガニックと言われるシャンプー剤も、結局のところは合成ものでできているんですね。
(-。-;

© Hair design Porte. All rights reserved.